No.272の記事

第五福竜丸平和協会理事会

本日は公益財団法人第五福竜丸平和協会の理事会。私は、監事として出席。
新年度の事業計画と、2012年度の決算案・13年度の予算案について、川崎昭一郎理事長からのまことに丁寧なご説明を受ける。いつものことながら、透明性が確保されていること、出席者全員に良く分かるようにとの行き届いた配慮が心地よい。多くの善意が集まって、少額の予算ながらも、反核平和の運動に大きく寄与する活動がなされていることを実感する。

石原知事が去って猪瀬知事に交替したこと、オリンピックの誘致が実現した場合の「夢の島」の変貌と展示館のあり方に話題が集まる。第五福竜丸展示館が東京都からの委託事業である以上、都政のあり方に関心を寄せざるを得ない。

ところで来年は、ビキニ環礁での水爆実験で第五福竜丸が被災してから60周年に当たる。来年の春に記念シンポジウムの提案があって了承された。
コンセプトは、「ビキニ水爆実験と第五福竜丸被災の今日的な意味を明らかにし、核と人類の関係についての問題提起とする」というもの。次のようなテーマの研究発表集会になるはず。
*アメリカの太平洋核実験による世界規模のフォールアウトの実態。
*放射能の雨による被曝と漁業被害の実態。
*放射線被曝による人体への影響の解明。
*ビキニ事件と市民の平和意識の覚醒、その今日的意味。
*核兵器と原子力エネルギー利用問題。
*核と人類の未来
これから、専門家との共同作業が始まる。

また、60周年を期して、ブックレットのシリーズを刊行していくことに。
@第五福竜丸ものがたり。
A久保山愛吉さんの死と乗組員の被曝を解明する。
B木造漁船第五福竜丸に見る船大工の技
C私とビキニ事件
D第五福竜丸保存史 など。
絵本もつくろう。各地での巡回企画展を呼び掛けよう。その事業のための募金活動を成功させよう。

すがすがしい会合であった。

4月1日からの新装開店先のURLは下記のとおりです。
http://article9.jp/wordpress/
しばらく、両サイトを併用して、そちらに引っ越す予定です。